ショッピング枠の現金化の前にしっておきたいこと

menu

ショッピング枠の使った現金化は最終手段として考えよう!

クレジットカードを使った現金化はショッピング枠を使って簡単に現金を手に入れられる方法です。
キャッシング枠からお金を引き出すわけではないので、家族にバレないように現金化をすることが出来ます。
最近ではこの方法で現金を手に入れる人が増えていますが、現金化は危険なので最終手段として使用するようにしましょう。

▼ 目次

現金化をする前に身近の家族にお金を貸してもらえないか聞いてみよう!

多額のお金であれば家族でも聞きづらいと思いますが、数万円程度の金額であれば家族が貸してくれることが多いです。
家族がお金に困っているときは、小言が多い人でも現金をある程度用立てようとしてくれるでしょう。
それでも、お金が足りないときだけクレジットカードの現金化を使うようにしましょう。

家族から借りて必要な現金まであと少しというときは友人にも聞いてみよう!

家族からお金を借りても、どうしても必要な現金が足りないというときもあります。
そんなときは、自分の友人にも聞いてみましょう。
数千円〜1万円くらいであれば、貸してくれると思います。
しかし、「お金の切れ目は縁の切れ目」という言葉もあるように、お金の問題は友人関係を壊してしまうこともあるので多額の現金を貸してほしいというのはやめましょう。
また、お金を友人から借りた場合は、家族よりも友人に先に返すようにしてお礼の印としてご飯をおごったり、利息として少し多めに返すと友人もお金を貸してよかったと思ってくれるのではないかと考えられます。

カードローンでお金を借りることも考えよう!

カードローンは金利が安いというのが特徴で、お金を借りてもきちんと返済すれば繰り返し利用できます。
急にお金が必要になったという場合でも、審査が早いところが多く最短で30分程度で申し込みが出来ます。
また、申し込みが完了すればいつでもどこにいてもお金を簡単に借りられるので、現金化をするよりは安全にお金を用立てられます。
さらに、カードローンは24時間365日可動しているので、土日や祝日でも振り込みができるところも特徴です。
仕事の都合で振り込みが出来なかったということもないので、現金化をする前にカードローンの審査を受け、申し込みが出来るかを確認してみましょう。

キャッシングの枠を使ってお金を借りることを考えてみよう!

カードローンは審査が厳しいところもあり、安定した収入や職についていないとお金を借りられないこともあります。
カードローンの審査が通らなかったときは、クレジットカードのキャッシングの枠を使ってお金を借りることを考えてみましょう。
キャッシングの枠は電話1本で限度額を上げてくれるところもあります。
必要なお金だけ借りて、翌月に一括返済すれば最小限の利息で済ませられるので、危険な現金化をする前にキャッシングの枠を利用してお金を借りることを検討してみましょう。

飲み会の幹事をすることになったらクレジットカードを使って現金を手に入れよう!

飲み会の幹事はお店をどこにするのか、予算はどれくらいにするのかなど考えることが山積みです。
しかし、飲み会の支払いをするときは誰も見ていないので、自分のクレジットカードを使ってみんなから飲み会の費用として徴収した現金は手元に置いておきましょう。
これは飲み会のお金を着服したということにはならず、支払い方法を変えただけなので悪いことではありません。

家で不要になっているものを質屋で買い取ってもらおう!

現金化をする人の中には、数千円の現金を用立てないという人もいると思います。
多額なお金が必要になった場合は仕方がないと思いますが、数千円のために危険な現金化をするのはおすすめできません。
数千円程度であれば家で不要になっているものを、質屋で買い取ってもらって現金化をしなくてもいいようにするのがおすすめです。

ショッピング枠を使った現金化は注意が必要!?

多額なお金が必要になり、こういったことではお金を用立てられないこともあります。
そこで、最終手段のショッピング枠を使って現金化をすることを考えてみましょう。
現金化をするときはまず、自分で行うのか業者に依頼をするのかを考え、最も効率的で安全な方法で行うようにするのが適切です。
現金化の注意点としてはショッピング枠にどのくらいの空きがあるかを確認しておくことです。
ショッピング枠に空きがないとカード決済で商品を購入できなくなり、最終手段の現金化が出来なくなる恐れがあります。

ショッピング枠を使って現金化をするときのリスク

ショッピング枠の現金化をするときはリスクを知った上で利用するようにしましょう。
クレジットカードの会社に現金化をしたことがバレてしまうと、カードを不正に使用したとみなされクレジットカードの利用が強制的に停止されてしまいます。
また、同じカード会社でクレジットカードを作ることが難しくなるリスクもあります。
クレジットカードの利用が停止されてしまうと、クレジットカードで公共料金や家賃、携帯料金などを支払っている人は口座引き落としに変える手続きが必要になります。
さらに、新たにクレジットカードを他の会社で作ろうとしても、最初から限度額の高いカードを作ってもらえないので、もっともバレにくい方法で現金化をするようにしましょう。

現金化はこういったリスクがあるため、最終手段として考えることをおすすめします。
家族や友人、質屋などいろんな方法を使ってもお金が足りないという場合は、やむを得ないのでショッピング枠を使った現金化でお金を用立てましょう。
バレない方法としてはAmazonギフト券や新幹線の回数券、ブランド物などを単品で購入するとカード会社にバレる可能性は低くなると考えられます。

クレジットカードのショッピング枠を現金化をするなら