ショッピング枠から現金化をするときのリスクとは?

menu
HOME » 現金化の前に » ショッピング枠から現金化をするときのリスクとは?

ショッピング枠から現金化をするときのリスクとは?

ショッピング枠から現金化をする場合、リスクが伴うことをご存知ですか。
現金化は自分で行った場合と、業者に依頼をする場合とでは伴うリスクも異なります。
そこで、ショッピング枠を使った現金化ではどんなリスクを伴うのか見ていきましょう。

・クレジットカードの契約違反となりカードの利用が停止される!
もともとクレジットカードのショッピング枠というのは、通常の買い物をするための機能として利用できます。
これを現金化にする目的で使用してしまった場合は、クレジットカードを不正に使用したと思われてしまいます。
これにより契約違反となりカードの利用が停止され、クレジットカードが二度と使用できなくなってしまう恐れもあります。
度合いや頻度によっても罰則は異なりますが、カードの利用を制限されたり、クレジットカードの強制退会、カードを利用している分を一括返済などの罰則になる場合もあります。

・カードの利用停止以外のリスクは?
ショッピング枠はクレジットカードを使って行うものなので、個人情報の漏洩によるリスクも考えなければなりません。
また、現金化をしてくれる業者の中には、ありえないほどの手数料を取られることもあります。
現金化をする人が多いということでこれを詐欺の標的とし、クレジットカードのカード決済で商品を購入しても入金されない、商品が届かないなどのリスクを伴う可能性もあります。
なので、自分で現金化をするときは注意をして行い、バレないやり方で現金化をすることをおすすめします。

現金化をしたことがカード会社にバレてしまった、ということになれば家族にバレるのも時間の問題です。
カードの利用が停止になると家族にバレてしまう可能性もあるので、現金化をするのであれば業者に依頼をしたほうがいいと思います。
しかし、業者選びを慎重に行わないと、悪徳業者により手数料が高い、入金がされないというケースに陥ってしまうこともあるので注意しましょう。