現金化をする前に友人に借りることができないか聞いてみよう!

menu
HOME » 現金化の前に » 現金化をする前に友人に借りることができないか聞いてみよう!

現金化をする前に友人に借りることができないか聞いてみよう!

家族からお金を借りたとしても、家族が用意できるお金が必要な現金に達していない場合、あなたならどうしますか。
そんなときは、家族の次に一番身近な存在である、友人に借りることができないか聞いてみましょう。
友人にはお金の話をしちゃいけないという話も聞きますが、危険な方法で現金を得るよりも安全策となります。

・友人からお金を貸してほしいと言われたら「貸す」という人が半数以上!
親しい友人が「お金に困っていて現金を貸してほしい」と言われたら、実際にお金を貸してしまうという人が半数以上います。
お金を貸す側としても「数千円くらいならいいよ」という感じで、少ない額であれば貸してあげるという人が多いです。
なので、家族から現金を借りたけど、必要なお金に数千円〜1万円くらい足りないというときは素直に友達に相談をして、友達に借りたいということを上手く伝えましょう。

・お金の切れ目が縁の切れ目になることもある!?
友人関係は家族の絆とは違い、すぐに切れてしまうこともあります。
「お金の切れ目が縁の切れ目」という言葉がある通り、家族のあいだだけでなく友人関係にも影響してしまう可能性があります。
なので、友人に借りたときは、現金が入ったときにすぐに返すという約束をして、約束通りすぐに返すようにしましょう。
友人の現金を返すときはお礼の気持ちを込めてご飯をおごったり、利息として少し返す現金に色付けをして返すようにするといいと思います。

このやり方で友人に現金を返せば、お金を貸した方としても気持ちがよく「きちんと返してもらえた」と思ってもらえます。
また、友人関係に亀裂が入ることもなくなるので、どうしても現金が必要になったときは友人に借りることも検討してみてください。
仲のいい友達であれば危険な現金化を食い止め、現金を貸すといってくれるのではないかと思うので現金化をする前に、素直にお金に困っていることを友人に相談してみることをおすすめします。