飲み会の幹事になってクレジットカードで現金化をしてみよう!

menu
HOME » 現金化の前に » 飲み会の幹事になってクレジットカードで現金化をしてみよう!

飲み会の幹事になってクレジットカードで現金化をしてみよう!

クレジットカードを使った現金化は、ショッピング枠のカード決済で行うものです。
これを上手く活用すれば、いろんな方法で現金化が出来ます。
現金が必要なのに家族に借りられない、現金化をするしかないと思っている人は飲み会の幹事の立場を利用して現金化をはかりましょう。

・飲み会の幹事を決めるときは積極的に手を挙げよう!
飲み会の幹事はやりたくないという人が多く、準備や予算などいろいろ考えなければなりません。
また、せっかく準備をしたのに文句を言われることも多々あります。
しかし、現金化をしたい人は飲み会の幹事に積極的に立候補しましょう。
飲み会の幹事は現金化に絶好のチャンスで、幹事は飲み会の費用として現金が渡されそれを使って飲み会の支払いをします。
でも、実際に支払いを行うのは自分のクレジットカードのショッピング枠で、お店の支払いをします。
これによりある程度まとまった額の現金化ができるようになります。

・人数が多ければ多いほど現金化が可能!?
会社での飲み会と言っても大体1人3,000円〜5,000円程度の予算が組まれ、10人集まれば50,000円の現金化が出来ます。
また、飲み会の幹事を利用した現金化は、カード会社や職場にも疑われにくいのが特徴です。
仮に、飲み会で支払った料金を会社が知りたいということであれば、領収書を切ってもらって提出するという形を取れば支払い方法は書かれません。
なので、現金で支払いを済ませなくても、自分のクレジットカードを使って支払いをすれば飲み会の費用を現金化できたということになります。

クレジットカードのショッピング枠で飲み会の支払いを済ませるということは、翌月に支払いをしないといけないのですが、一括または分割払いで支払いができるので一時的に現金が必要になったときにおすすめです。
一般的な現金化ではクレジットカードの会社に現金化がバレる可能性があるのですが、この方法であればカード会社、職場にもバレる可能性が低いです。